ベイジアン研究所

プログラミング言語(アルゴリズム的な話が中心)やガジェットの紹介をしています。時々心理学の話も。

おすすめのUSB

おすすめのUSBメモリを紹介したいと思う。

 

とある事情から、WindowsMac bookとipadを併用している。これらのデータの移動のわずらわしさから選んだUSBメモリである。

 

まず最初にI-O DATAからのClip bagをおすすめする。

 

 

 こちら、一方がUSB3.0でもう一方がLightning端子となっている。

 

ipadiphoneに専用のアプリをダウンロードするだけで使用が可能である。

 

ただし2018年以降ののipad pro 等はUSB type-Cなのでこちらでは残念ながら使用不可能である。

 

論文などのPDFファイルの移動はこれでスムーズに行うことができます。

 

最近、新しい型も出たのでこちらも紹介したいと思う。

 

 使い方は古い型と同じだが、キャップの紛失を防ぐためひもが追加されている。注意としてはこのひもが少し外れやすいということですかね。

 

続いてはMac bookとのデータの移動のため使用しているものです。

 

 こちら、一方がUSB3.0の端子でもう一方がUSB type-Cの端子になっている。一番の特徴としては、端子の先がキャップではなくスライド式で出し入れできるところである。これでキャップをなくすなどということはなくなります。

 

素材がプラスチックなので、本体は比較的軽く筆箱にいれても邪魔にならないサイズである。

 

こちらはアプリをインストールすることなく、Mac book とWindowsで使用可能である。

 

残念ながらipadでは使用できなかった。(挿入すると、写真アプリが開くがデータの移動ができるわけでもなかった。)

 

2019年10月29日追記:ipad proのアップデートにより使用することができるようになった。(ただUSBのtype-cをipadの充電部分に挿すだけでよい。)

 

WindowsMac bookを併用している方には是非おすすめいたします。